簡単に「向いてない」で看護師を辞めるのは考えもの

簡単に「向いてない」で辞めていたら、どんな仕事も勤まらない!

 看護師に向いていないと思う人は、どの職業なら自分は向いていると思うのでしょうか。それなら、なぜその道に進まずに看護師をしているのでしょうか。向いている仕事=天職を探し求めてしまうと、探し続けているうちに人生が終わってしまいます。

 

【天職は存在するのか】
 天職という言葉は、自分で使うことはあまりないのではないでしょうか。「○○さんにはあの仕事、天職だよね。」というように、他人が使うことが多いもの。自分のしている仕事が天職かどうかなんて、自分にはわからないものなのかもしれません。少なくとも、日々の仕事をこなすことに努めていると、その時は天職かどうかなんて考えませんよね。

 

 10年・20年経って自分の職業人生を振り返った時に、(ああ、これが私の天職だったのかもなぁ。今まで続いてこれたのだから)という具合ではないでしょうか。それなら、自分でその状況を作り上げてしまえばよいのです。10年のキャリアを。10年その道をやってくれば、それなりの結果は出ているもの。そして、他人からそれを評価してもらうことで、「天職」にしてしまうのです。

 

【天職を探そうとしない】
 何かをやってみて、「向いていない」と思うのは簡単です。何かうまくいかなかった時の行動は、新しい道に方向転換する人と、どうやって置かれた場所で生き残るか考える人とに分かれます。
 前者は壁にぶつかるたびに転職を繰り返し、一生天職を探そうとします。後者は自分をどう成長させ、能力を発揮するかを考えます。そうしているうちに、いつの間にか天職になってしまうのです。

 

 どの仕事も、向いているかどうかなんて自分ではわからないものです。他人から日々の働きを評価されて初めて向いているのかなと感じるもの。そもそも、常に前を向いて進む人は、天職かどうかなんて考えません。

 

 結局のところ、自分が好きでない仕事をしている時に「向いていない」とか、「私の天職って何だろう」と考えるのです。必死になって働いている人は、そんなこと考えません。
 理想の仕事がない・今の状況が理想ではないというのなら、自分で作り上げればいい。ただ延々と考えているだけで行動しなくては、何も変わりません。どんどん行動していく方が道は開けますし、人間として成長できます。
 ゴールのない天職探しは止めて、自分を成長させることに努めましょうよ。