急性期病院・病棟が向いていないと考えている看護師

急性期病院・病棟が向いていないと考えている看護師へ

 看護師だって、性格や得手・不得手は人それぞれ違います。自分が働きやすい職場に勤められたらよいのですが、もし自分が苦手な職場の場合、どうしたらよいのでしょうか。

 

【急性期看護が苦手なのか?】
 病棟・施設・訪問、看護師の働く場はたくさんありますね。そして、それぞれ場所には特色があります。自分の好きなスタイルというものもあるでしょう。看護師の中にはオールラウンダーで、どこにいってもそつなくできるという人もいます。ですが、そうばっかりではありません。

 

 急性期は患者の状態が刻一刻と変化し、それに対応しなければなりません。ぱっぱと指示を受けて、それを実行する。オペ患者や重症患者を観ながら、緊急入院にも対応する。そんな特徴のある急性期の病棟では、即座の判断が求められます。
 何事にものんびりと、じっくりと考えて行動したいという人は苦手と感じてしまうかもしれません。だからといって、のんびり屋さんが急性期で働けないのではありません。苦手でも精一杯の努力をすることでこなしていく人も、たくさんいるのです。

 

【配置転換で解決するか】
 あなたが急性期は向いていないと思った理由は何でしょうか。急性期特有のことが理由であるなら、別の部署に配置転換してもらうことで解決するでしょう。
 ですが、どこの部署に行こうと好きなことだけをしていられるのではありません。「これが嫌、これは苦手」と言っていたら、どこに異動しようが務まりません。
 誠実に、自分の最大限の努力をしても苦手で辛いという時には、配置転換を希望することで解決するでしょう。しかし、嫌いなことや苦手なこと全てから逃げている人は、いつまでたっても逃げ続けることになります。

 

 苦手なところでもやり抜くということが、看護師としてスキルアップになるのです。慢性期の病棟にいても急変はあります。急性期の病棟を経験していれば、そういう時にも対応できます。のんびりと仕事したいと言っていては、急変時の対応に手が出せません。
 努力してもどうしても辛いのであれば、配置転換が解決策になるでしょう。看護師を辞めてしまうよりはいいのですが、どうせ異動するなら、もっとやりたい専門的な看護があるといったポジティブな理由にしたいものですね。